本文へスキップ

管理者の学習法・おすすめ教材HOW TO LEARN

(注)本ページのリンクは「楽天アフィリエイト」を利用しています。

もちろん、一番のおすすめ教材は
 メルマガ「差がつく!市役所面接試験対策」
 ブログ「受験生が知らない市役所情報」
ですが、その他の教材についても、私が実際に市役所職員を目指すときに利用したものを中心にご紹介します。

基本教材

活動報告写真

わたくし#が公務員試験を目指して勉強しておりましたのは、地方の会社に勤めているときであり、地理的、時間的に通学での学習は不可能でした。

そこで、書店で通信講座一式を購入して、平日の業務終了後や休日に、学習しました。
わたしが学習していた当時はテキストと問題集のBOXで、数回分の質問票と模試ぐらいが通信教育でそれ以外は基本的に書籍教材となんら変わらないものでしたが、このごろは講義内容のDVDやWEB動画が入っていたりするので、通学と同等の学習ができるようです。

 公務員 2013年度試験 地方上級・国家一般(行政・事務)対策

もっとも、学生さんや退職して短期間で勝負をつけなければならない方で、予備校に近い都市にお住まいであれば、通学制で決まった日時にかよってナマ講義を受ける方が効率的でしょう。DVDやWEB動画でいつでも学習できると思うと、いつまでも学習しなかったりしますから。


学科試験〜教養=判断推理・数的推理、専門=経済原論がカナメ

活動報告写真

さて、実際の学科試験の中身ですが、大きく教養試験と専門試験に分かれており、民間経験者等採用ワクであれば、このうち教養試験のみ、という場合もあります。それにしても、いずれも学習科目、範囲、ボリュームはかなり多いものです。

その中で、出題のボリューム的にも科目の性質的にも、合否を左右するポイントとなる科目が、教養試験では判断推理及び数的推理、専門試験では経済原論と言えます。いずれも、40問中10問以上は必ず出題されるというウエイトと、慣れていないと時間ばかりかかってほとんど得点にならない、という致命傷になりかねない科目です。

予備校(あるいはDVDなど)で講義を受けている方は、考え方や解き方のコツを教授されるでしょうが、独学で書籍中心の場合は、特に判断推理・数的推理については、出題のパターンに慣れて、短時間で正解できるように特に対策しておく必要があります。

わたし自身が学習していたときは、「光速の解法テクニック」というシリーズで、出題のパターン別に、なるべく短時間で解答できるよう訓練していました。ただ、大分昔の書籍で今では入手が難しくなっているでしょうか。

 公務員試験 2【1000円以上送料無料】数的推理光速の解法テクニック 公務員試験/鈴木清士【10...


面接対策〜徹底的な自己探求を深めるために

活動報告写真

面接試験は、A:自分自身とB:対象(仕事、志望先)をぶつけて、C:志望動機(その受験先でその仕事をやりたい、そして必ずや力を発揮するという熱意を持っている自分)をアピールできるかが勝負です。ですから、Aがショボくても、Bの理解が足りなくても、それらをぶつけて生まれるCが物足りないものになってしまいます。

市役所試験を含む公務員試験では、民間企業における面接試験と比べて、AよりもB、つまり受験先の自治体やその仕事をどれだけ勉強して理解しているか、を問われるウエイトが比較的大きいと思っています。

本サイトでも、通常まだ役所で勤めたことのない受験生が知らないであろう役所内部の情報、知識等を提供することで、Bのレベルを上げて他の受験生に差をつけて合格することを目的としています。

もちろん、Aの自己探求、そこから産出される自己PRも重要な要素であり、本サイトだけでは不十分なので、この書籍を紹介します。

【送料無料】絶対内定(2014-3) 【送料無料】絶対内定(2014-4) 

この「絶対内定」シリーズは、その名のとおり民間企業での就活を想定したものでしょうが、公務員試験の面接にだって、自己探求の点では変わらず役に立つと思います。読んでいくうち、自分の中でアツくなるものを感じるはずです。


公務員試験の面接対策

活動報告写真

本サイトでは、面接対策マニュアルを批判的、否定的に言っていますが、それはついつい模範解答を覚えてしまおう、という気持ちが働いてしまい、自分のアタマで考えを深めようということを阻害してしまう恐れがあるからです。

その点で言えば、あくまで受験生のありがちな回答例と面接官から見た寸評というスタイルで、自分自身で考えることを妨げず、また公務員試験特有の知識、情報、心構えなども満載なので、取り上げます。

この著者の「現職人事」さんは、国家公務員で霞が関におられるようなので、内容も国家公務員向けにはなっていますが、国家公務員との併願志望者だけでなく、市役所含む地方公務員志望者にも参考になる内容がたくさん含まれています。

「現職人事」なので、面接官の視点、評価ポイントもわかり、自分の考えた答えが、面接官の視点からはどう評価されるだろうか、ということを考えやすくなる内容になっています。

【1000円以上送料無料】現職人事が書いた「面接試験・官庁訪問」の本 公務員試験 2013年度版...


差がつく!市役所面接試験対策

siyakusyo.net メールアドレス


面接試験頻出問題の演習・解説を無料で配信しています。次のフォームから無料メルマガ登録をどうぞ。↓
メルマガ購読・解除

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
 

■ ブログ「受験生が知らない市役所情報」より
「お役所仕事」の大事さ(論文対策)
市役所はクレーム多いけど大丈夫?