本文へスキップ

「差がつく」受験先研究research

(注)本文中のリンクをクリックすると、ブログ「受験生が知らない市役所情報」の関連記事を参照します。

市役所職員採用試験で面接試験に合格するには、自己PRだけでなく、受験先の自治体についてより多くの情報を理解しておくことが不可欠です。受験先を調べることで、面接の質問に答えやすくなるだけでなく、志望動機や受験先への熱意も高まり、試験合格へのモチベーションが高まることも図れます。

相手を知って己を知る

市役所などの公務員試験に限ったことではありませんが、面接試験合格のためには、次のポイントで勝負します。

1.「自分」を売り込む(自己PR)
 当たり前ですが、面接官に「コイツをウチに来てほしい」と思わせるように、自分を有能で職場のためになる、ひいては当市の市政の発展に役立つ人材と評価されるよう、売り込むことです。
 「自分はそんな優秀な人間じゃないし、そこまで取り柄ないですけど」と思いがちですが、いわゆる自己分析を深めて、自分では大したことないとか、むしろ欠点と思ってしまうようなことを、実は取り柄としてアピールしていく、そういう過程で、他のどの受験生にもない、自分だけのアピールポイントを探り当てていただければと思います。

2.受験先の自治体や仕事を研究する
 面接試験は「有能な人材を採用したい」というのが目的なのだから、1.の自己PRだけで十分に思えるかもしれませんが、役所の場合、この自治体研究を重視します。いくら有能でも、本当は当市に関心がないのなら、合格を出した後でヨソに行ってしまうかもしれないし、採用した後で、「こんな仕事とは思わなかった」とか言ってすぐ辞めてしまうかもしれない。採用する側はそんな心配もしていますので、きちんと受験先の市のことや仕事のことをわかっているのか、ということをチェックします。

以上、自己の内面を内側に向かって掘り下げていく1の自己分析と、相手の受験先についていかに理解していくかの2の受験先研究、そしてその1と2をぶつけた結果、

3.そういう自分がなぜこの市役所を志望するか、どんな仕事がしたいか(志望動機)

に結実します。ですから、3の志望動機が最重要な論点で、どの面接でも必ず問われるものです。

1の自己PRに関しては、市販されているいろいろな面接マニュアル本にありますので、そちらを参考にしていただくとして、本サイトでは、2の受験先研究を重点的に取り上げ、情報提供していきます。

そのうえで、自分だけの最強な3.志望動機を磨き上げてください。

・・・市役所面接試験の極意を知りたい
 → 「差がつく市役所面接試験合格の極意」ページへ

・・・さっそく面接試験の問題演習をメルマガでやってみる
 → メールマガジン「差がつく!市役所面接試験対策」ページへ

・・・受験生が知らない実務の知識や市役所の内部情報をもっと見てみる
 → ブログ「受験生が知らない市役所情報」ページへ

差がつく!市役所面接試験対策

siyakusyo.net メールアドレス


市役所・特別区面接試験頻出問題の演習・解説を無料で配信しています。次のフォームから無料メルマガ登録をどうぞ。↓
メルマガ購読・解除

読者購読規約
powered by まぐまぐ!