本文へスキップ

「差がつく」市役所面接試験合格の極意KEYPOINT

「差がつく」面接試験の勝ち抜き方

■筆記試験とは違うのです

「差をつけられない」ように合格基準点クリアを目指す学科・筆記試験と違って、面接試験に代表される人物試験で合格するには、他の受験生に「差をつける」ことが条件になります。

このサイトでは、主に市役所職員面接試験合格に向けて、「失点をしない」、「満点の受け答え」ではなく、多少失点があっても、他人とは違う、自分だけしかできない受け答えを目指します。

■面接官をうならせる=マーケティング思考

面接官は1日に何人も同じような面接を行っています。そこで何人もの受験生と同じようなことをあなたが言ったのでは、「あー、また同じことね」とつまらなく思ってしまいます。

これでは、他の受験生をさしおいて、「ぜひあなたに来てもらいたい」とはなりません。

やはり、他の受験生にはない、あなただけのセールスポイントに気づいてもらってはじめて「ぜひあなたに」となるわけです。これこそ「マーケティング」です。

「自分だけのセールスポイントと言われても、自分にはそんなにアピールできる長所も誇れる経験も特にないし・・・」と思われる方もおられましょう。そこで、それを補ってあまりあるほど、受験先を徹底的に研究することです。

そうすることで、面接官に自分の真剣さや、受験先で仕事したいという熱意が伝わるのです。

面接官の立場からすると、自分の役所のことをほとんど勉強していない受験生より、事前によく調べてきている受験生の方がより好感をもてるに決まっています。

自己探求+受験先研究=「差がつく」答え→合格・採用

そして、徹底的に研究した受験先のことと、自分自身(長所・短所やこれまでの経験、考え)を掘り下げてそれをぶつけて、反応された化合物を答えること。

このサイトでは、そうした受験先の役所の研究に役立つ情報を重点的にお伝えしたいと考えています。

■ 関連記事

 → 面接官に「ぜひ採用したい」と思わせる

 → 「再質問」への答え方が合否の分かれ目

・・・このほかの関連記事(ブログ)
  (ブログ「受験生が知らない市役所情報」へ移行します)

差がつく!市役所面接試験対策

siyakusyo.net メールアドレス


市役所・特別区面接試験頻出問題の演習・解説を無料で配信しています。次のフォームから無料メルマガ登録をどうぞ。↓
メルマガ購読・解除

読者購読規約
powered by まぐまぐ!